ニキビ跡

ニキビに悩んだら・・・

 

ニキビって思春期〜大人まで悩まされている人はいると思います。
思春期では、成長過程によってどうしてもホルモンバランスが崩れやすいので致し方ない時期ではありますが
軽減されるならばそちらの方が良いでしょう。

 

大人になれば主に食生活などの生活習慣病によってニキビは発現してしまいます。
これらのことは生活の習慣を改善することによってある程度緩和できるのでニキビ対策の知識をもって生活してください。

 

ではまず思春期でのニキビ対策として気をつけることでは何があるのでしょうか?
まずは洗顔です。子供の時期では親御さんに洗ってもらう顔も、ある程度の年齢になれば自分で顔を洗うようになりますよね?
しかし、洗顔の正しい知識を知らずに行っている為に、間違ったやり方でニキビ跡を増やしてしまっているケースも考えられます。

 

洗顔はなるべくなら毛穴が開いた状態で洗った方がいいとされていて、毛穴の汚れを除去することでニキビを防ぐことになります。
毛穴を開かせる為にはまずお湯でざっと顔を洗い流します。その後石鹸を手のひらでよくモミ、泡を立てます。
泡を立てることによって細かい毛穴まで洗うことができるのです。

 

顔を万遍なく洗えたら、洗い流しは水で行います。それは毛穴を引き締めるためです。
引き締まった毛穴は余分な雑菌の進入を防ぎ、肌荒れを防ぎます。
注意すべきは、ニキビができたからといって洗い過ぎないようにしましょう。皮膚の皮脂を取りすぎてしまうと乾燥肌になってしまい
これはニキビ予防とは逆効果です。
適度な洗顔を行い、洗顔が終わったあとには化粧水や乳液で水分を保湿してあげればなお良いですね。